海外旅行へ行こう!

海外旅行の知恵袋1

海外旅行の荷物をできるだけ減らすのに、衣類の圧縮袋、使い捨て下着があれば便利です。
なんだったら、形状記憶シャツにして、前日に洗っておくとよく乾いてくれます。
まあ、湿気の多い東南アジアなんかはムリですが。

 

常備薬の類、風邪薬・胃腸薬・鎮痛薬・目薬(抗生剤入りとかゆみ止めと)・抗生物質(かかりつけ医に今度海外旅行に行くんだといって、出してもらいましょう。)があれば、大幅にラクになります。

 

慣れない海外旅行先の現地に限って体調トラブルがある場合も想定しましょう。
医師にかかりにくいし、かかれる場合でも、待たなければいけない場合も多いです。
待っている間の苦痛をやわらげてくれることはどんなにありがたいことか。

 

海外旅行先では、レストラン、コンビニ、ドラッグストア等が、日本ほどいつでも開いているなんて、感覚でいると、大変な目にあいます。

 

ですので、携帯用非常食、アメを持って行ったほうがいいでしょう。

 

チョコレートは高温で溶けてしまいますね。フライトが、真夜中に着くものだったり、現地での移動が遅くなったりする場合もあります。
そのときに、日本のような気分でいると、空腹がおそってきます。

 

もし、海外旅行のパックツアーで大都会にばかり行くのでしたら、モノはほとんど現地調達すれば荷物が減ります。
でも、不便なところに旅行に行くのでしたら、必要なモノはもって行きましょう。

 

 

海外旅行の知恵袋2

海外旅行には、マイスケジュール帳を作って持っていく事をオススメします。
スケジュール帳は、コンパクトなものに限ります。

 

海外旅行にかさばるものはご法度。
必要ありません。

 

スケジュール帳に書いたり、コピーを貼り付けるものは、ホテル名、パスポートコピー、クレジットカードの両面コピー、ラベラーズチェック(T/C)のコピーとチェック番号、住所、電話、名所の諸情報、ライト番号と出発時間等です。
そこの地図の縮小コピーもあればいいですね。

 

最近は携帯電話の海外旅行向け各種サービスもありますが。
どうでしょう?機械はこわれたり、水に濡れたりするかもしれません。
マイスケジュール帳が威力を発揮するのは?

 

例えば、海外旅行の自由行動でタクシーで移動するときだと、ドライバーに伝えたくても発音が難しくて伝わらない場合もあるのは、ご存知ですね。

 

英文をスラスラ読める人でも、海外旅行先の発音は、方言があって聞き取れない事も多いのです。
ニンテンドーDSに発音トレーニングがあるくらいですから。

 

電車のチケットを購入するのでも、同じ理由で、海外旅行出発まえに目的地と時刻表、運賃を調べ、それをメモまたは縮小コピーしてスケジュール帳に貼り付けておくんです。
切符を購入するときにそのメモを窓口で見せます。